街づくりを応援します 公益財団法人区画整理促進機構 The Land Readjustment Center

ログインしていません。

サ行

土地区画整理事業の用語解説

サ行
事業計画
(じぎょうけいかく)
事業計画とは、施行者が事業の基本的事項(施行地区、設計の概要、事業施行期間、資金計画等)について定めた方針です。土地区画整理事業の施行にあたっては、事業計画を縦覧した後、公共団体が施行する場合は事業の概要について大臣や知事等に、組合が施行する場合は組合の設立について知事等に認可を受けることとなります。
なお、事業計画の決定又は組合設立の認可の公告がなされた後は、施行地区内において土地の区画形質の変更、建築行為等を行おうとするものは知事の認可が必要とされており、事業の障害となる行為が制限されます。この事業計画の決定又は組合設立の認可の公告をもって土地区画整理事業の開始とされています。
照応の原則
(しょうおうのげんそく)
換地は、もとの宅地の位置、地積、土質、水利、利用状況、環境等を総合的に勘案してこれに見合うように定めなければならないとされています。これを照応の原則といいます。
なお、場合によっては、もとの宅地から離れた位置に換地されることもあります。
清算金
(せいさんきん)
換地は、整理前と整理後の宅地の位置や形、地積等を各々評価し、交付すべき地積を算出しますが、それぞれの宅地の様々な事情や決められた街区の中にいくつかの換地を当てはめるという技術的な面から、必ずしも算出地積どおりの換地を与えることができない場合があります。そのため、施行者がこれらの宅地問での不公平をなくすため、金銭による調整を行います。この際、地権者から徴収したり、交付する金銭を清算金といいます。