街づくりを応援します 公益財団法人区画整理促進機構 The Land Readjustment Center

ログインしていません。

矢島理事長インタビュー記事

矢島理事長インタビュー記事 『都市交通と都市開発:100年間の歩みの光と影』

 令和元年6月、旧都市計画法制定100周年の節目を迎えるにあたり、これまで日本の都市計画に長年に渡り深く携わってこられた当機構矢島理事長のインタビュー記事が、公益社団法人日本都市計画学会の学会誌「都市計画338号 都市計画法50年・100年記念特集号」に掲載されました!

インタビュー記事はこちら


     img_gakkaishi338.jpg      book32.jpg

       学会誌[都市計画 338号]          著書[鉄道が創りあげた世界都市・東京]


 本インタビューは、同学会「都市計画法50年・100年企画特別委員会」の記念事業の一つである「連続サロン"都市計画家が語る光と影"」で実施されたものです。(聞き手:菊池雅彦氏、国土交通省都市局(当時))

 「TOD(公共交通志向型の都市開発)」、「現行の都市計画法の特徴と施行実態」、「歴みち(歴史的地区環境整備街路)事業の制度化と全国展開」、「大規模開発地区関連交通計画マニュアルの策定と適用」など、多種多様なテーマについて、光と影の両側面から同氏の考察や思いなどが分かりやすく整理された内容となっております。これまで都市計画と共に歩んでこられた半世紀以上にも渡る様々な実体験に裏付けられた充実のインタビュー記事です。

 最後に理事長の「おすすめ本」の紹介などもあり、都市計画業務に携わっている現職のみならず、これから都市計画の習得を目指す学生や新社会人にとっても大変参考になる記事です。是非ご一読下さい。都市計画関係者必読です!!