街づくりを応援します 公益財団法人区画整理促進機構 The Land Readjustment Center

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

    1. 基本的考え方

      公益財団法人区画整理促進機構(以下「促進機構」という。)は、促進機構ホームページ(http://www.sokusin.or.jp/以下のディレクトリで構成されるページ;以下「当サイト」という。)において提供するサービスの円滑な運営に必要な範囲で、お客様の個人情報を収集することがあります。お客様の個人情報については、その重要性を強く認識し、安全確保のための適切な措置を講ずるとともに、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。

    2. 収集する情報の範囲

      (1)通常、当サイトへのアクセスにお客様ご自身に関する個人情報は必要としませんが、ご利用されるサービスの内容(各種講習会等の申込み、図書購入、お問い合わせ等)によっては、氏名、住所、メールアドレス、電話番号その他のお客様の個人情報を必要とすることがあります。促進機構ではお客様に個人情報を提供していただく場合には、その利用する目的をあらかじめ明示いたします。
      (2)当サイトでは、インターネットドメイン名、IPアドレス、当サイトの閲覧等の情報をアクセスログの形態で自動的に収集します。
      (3)当サイトの提供するページには、一部クッキーを使用しているページがあります。
      クッキーとは、サイト提供者がご利用者のコンピュータを識別するために、サーバからご利用者のブラウザに送信され、ご利用者のコンピュータに蓄積される情報のことです。促進機構では、クッキーを使用してご利用のコンピュータの訪問回数や訪問したページ等の情報を収集することがありますが、ご利用者個人を識別できる情報は一切収集していません。
      なお、ご利用者のブラウザの設定によりクッキーの機能は無効にすることもできます。(その結果当サイト上のサービスの全部または一部がご利用になれなくなることがあります。)

    3. 利用目的

      促進機構は、お客様の個人情報の利用につきましては、次の(1)又は(2)に該当する場合を除き、本来の利用目的及びお客様との連絡手段以外には使用いたしません。
      (1) お客様の承諾を得た場合
      (2) 個人を識別あるいは特定できない状態(統計的データなど)に加工して利用する場合
      なお、お問い合わせへの回答や確認のご連絡のためにメールアドレス、電話・FAX番号を利用します。これらの情報はご意見等の内容に応じ、関係団体等に転送することがあります。

    4. 第三者への開示の制限

      促進機構は、お客様の個人情報の第三者への開示につきましては、次の(1)又は(2)に該当する場合を除き、一切開示いたしません。ただし、統計的に処理された当サイトのアクセス情報、利用者属性等の情報については、公表することがあります。
      (1) お客様の承諾を得た場合
      (2) 法令等により提供を要求された場合

    5. 安全確保の措置

      促進機構は、お客様の個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止その他収集した個人情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。
      当サイトでは、個人情報を保護するために「SSL」により暗号化を行っています。

    6. お客様に関する情報の開示

      促進機構は、お客様がご自身の個人情報について、確認や訂正等を希望される場合には、すみやかに対応いたします。

    7. 適用範囲

      本プライバシーポリシーは、 "http://www.sokusin.or.jp"以下のディレクトリにおいてのみ適用されます。

    8. その他

      促進機構は、個人情報の保護に関する日本の法令、その他の規範を遵守するとともに、上記各項目の内容を適宜見直すことにより、継続的な改善を図ります。

    9. 問合せ先

      電話  03-3230-4513
      FAX 03-3230-4514
      電子メール mail@sokusin.or.jp

留意事項

  • 障害のある方や高齢者にも優しいホームページとする。
  • 音声読み上げソフトや画像を表示しないブラウザの利用者でも情報を正しく受け取ることができるように配慮する。
  • 文字サイズを選ぶことができるようにする。
  • 特定の装置、ブラウザ、バージョンに依存しない設計とする。
  • 回線速度の遅い環境の人でもストレスなく閲覧できるよう配慮する。
  • 操作性に考慮し、利用しやすいページを作成する。
  • 利用者のパソコンの性能やOSの種類などの環境に制限されないページを作成する。
  • 個人情報の保護に十分に配慮する。
  • ページ内のテキストは、読み取りやすさに配慮して、移動や点滅など変化しないようにする。
  • スタイルシートを適応しなくても全ての情報を得られる形とする。
  • 音声読み上げブラウザでの利用を考慮した構成とする。
  • キーボード・マウス、それぞれ単体での操作を可能とする。